ワンクリック詐欺に気をつけましょう

出会い系サイト詐欺の中でもワンクリック詐欺というのがあります。
これはどういうことかというと、「完全無料」などとお得感を演出したり、「お久しぶり」「覚えてますか」「前に一度メールした者です」など、親近感を感じさせる件名のメールが届くことがあります。

これらの多くは、メールを開かせ、本文中のurlをクリックさせて料金を請求するといったワンクリック詐欺です。
携帯電話で多く見られた手法ですが現在はPCメールでも多くなっています。

このワンクリック詐欺にかかりやすい人は、一般的に「世話焼きタイプ」「明朗タイプ」「素直タイプ」といった3つのタイプがワンクリック詐欺にかかりやすいそうです。
この3タイプの人は注意が必要ですね。

出会い系サイトに引っかかる人はほとんど男性です。
というより女性はこういうのには引っかからないでしょう。
女性は結婚詐欺にはひっかかるようですけど、ネットのような実態のないとことでは慎重になりますからね。

その点男性の場合は能天気なのか、信じやすい性格がわざわいしてひっかかってしまうんですよね。
特に携帯メールって親しい人にしか教えませんからある日突然「みか」という件名のメールがきたら舞い上がってしまいますよ。

もちろん、この「みか」っていう女性には心当たりはないのですが、そういえばちょっと前に行ったスナックの女性が「みか」っていってなかったかな。
「メール交換したのかな?」と、前向きに思ってしまうんです。

いそいそとメールの内容を見てみると、「そういえばあの時の約束だけど、ここがそのホームページだから見てみてね。」
何か約束したっけかな、と思ったのですが。もうスナックの女性と思いこんでるから何も違和感はなかったのです。

そして、そのサイトをクリックしてみると、出会い系と呼ばれる携帯サイトでした。
「へー女の子と仲良くなれるのか」
なにげなく「入り口」のボタンを押してみるとその人の目に飛び込んで来たものは次の通りです。

いきなり自分のいる場所と個体識別番号、そして利用料金「2万4千円」の文字。
そして更に下にスクロールすると、振込先口座の銀行名と口座番号が書かれています。
まぁこんなことは無視しておけばいいんですけど。
中には出会い系サイトの指定した口座に律儀に振り込んでしまう人がいるので事が大きくなってしまうんですよね。